コンテンツへスキップ

不動産の売買はかなり手間がかかる

手間や時間がかかることのほか、売主と仲介業者の媒介契約により、支払わなければいけない手数料は家を売却する際にけっこうな負担となります。手数料の額は法律で定められているものの、不動産の価格次第では100万円近い額を支払わなくてはいけません。それと、住宅の売却により利益を得た際は所得税と住民税の課税対象にもなりえます。家財の処分費や転居費用もばかになりませんし、支出の計算はしっかりしておきましょう。隣家との境界紛争を避けるために、測量を行い、土地境界確定図を作成するのは、一戸建てや土地そのものを売却する際にはよくあることです。売却の必須要件とは言えないまでも、平米単価が高ければ、仮に塀程度の幅でも資産価値に大きく影響するため、実施するのが一般的です。広さや手間などで費用は変わりまが30坪程度の宅地なら40万円ほどです。見積りをとるといいでしょう。売る側にとっては少なからぬ出費ですが、買う側からすれば要らぬトラブルを避けられるのですから安心です。あとあと後悔しない取引きを行うためにも、これから家を売ろうというのであれば、心がけておきたいことがあります。その手始めが、似たような物件の流通価格を調査しておき、相場を把握した上で、不動産業者に査定しに来てもらうのです。それも一社でなく複数に出すのがポイントです。何にでも言えることですが相場に対して全くの無知では、査定額が妥当なのか、なぜその価格になるのかの判断基準がないということになります。高く売れたはずの物件を安く売ってしまって家族内で揉めたケースもありますし、ネットを利用して相場観をつかんでおきましょう。住宅ローンを返済している最中に住宅を売る時は、一般的にはローンの残債を全て支払った上で、売却するわけです。ただ、完済できないまま住宅を売る必要がある場合は、すでにご存知の方もいるかもしれませんが、任意売却という手があります。家が売れたらまず残債を返済するという条件の下、金融機関から特例として売却許可を取り付けます。もし家を売った額で完済できなかったら、残りが借金となりますが、債務は大幅に少なくなります。住宅の売却に要する経費というと、仲介してくれた不動産業者へ支払う手数料、司法書士に払う抵当権抹消費用、金額に応じた印紙税がかかります。日常とは比べ物にならないくらい高額なのが不動産取引ですから、法律で定められている仲介手数料でもそれなりの額になります。それなら専門家に依頼せず、自分で一切の手続きをすれば手数料分がまるまる浮くわけですが、時間も労力もかかる上、個人ではトラブルが生じた時に対応できませんから、専門業者に任せる方が安心です。やろうと思えば個人でも家を売れないわけではありませんが、危険を承知でなければお薦めしません。取引に伴う契約、登記、法律といった専門家と同等のリテラシーが求められますし、真似事で挑戦すると計算違いや訴訟などの問題も出てくるでしょう。まとまった額の手数料を払うのは大変かもしれませんが、安全に安心に売買するには不動産業者、司法書士といった専門家に委ねるべきです。しかしどうしても自力でという希望があれば、業者を頼まずに家を売ることも可能です。マンションや一戸建てなどの建物の場合、新築だと完工から2、3年目あたりを始まりに築10年位までは緩やかにではありますが、価格は下がる一方です。そして築11年、12年、13年となると、今度は価格はあまり変わらなくなります。節税の観点からすると、自宅の買い換えや売却の税率が優遇される条件は、過去10年を超えて保有していた場合とありますから、住み替えや売却をするつもりなら最適な時期は築10年を経過した頃ということになります。値上がりは地価が上昇しない限りは見込めません。建物や土地等の不動産に賦課される税を固定資産税および都市計画税と言います。誰でも不動産を所有していれば払わなければいけない税金で、毎年課税されます。「所有者」とは、1月1日の所有者と規定されており、仮に1月1日よりも前に買い主との売買契約を交わしていても1月1日の所有者がまだ旧所有者となっているときは、旧所有者である売り主が納税義務者となります。納税義務者が新しい所有者になるのは所有者を新しい所有者に移転した次の年と覚えておくと良いかもしれません。珍しいことですが、家を売るときに買い手がすぐについて、退去日まで時間がほとんどないなんてケースもあります。最後の思い出をドタバタにしないためにも、売りに出したら買い手がつかなくても荷物の整理をはじめておくと良いでしょう。住みながら売却する場合は、いま使うものだけを残し、必要ないものや季節用品、ストックなどと分別して、折を見てリサイクル業者に出したり、箱詰めしておけば、引越しも楽ですし、断捨離もできて一石二鳥です。建築済みの新築や中古の一戸建て、オートロックマンションの内部などを好きなように見学できるオープンハウスの人気は高いです。音、採光、近隣環境なども同時にチェックできますし、家を売る際、早く買手を見つけたかったら、オープンハウスによって購入意欲のある人に家の中を見てもらってはいかがでしょうか。まだ居住している家だと、外泊ないし外出して家をあける必要がありますが、「住んでいる家を見られるなんて」と売る側が思うのに対し、購入する方は自分たちが暮らしたときのことを想像しやすく、売却に結びつきやすいのです。参考にしたサイト⇒イエイって実際どうなの?口コミは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です